敬内義外

敬(つつしみ)の心で
精神をまっすぐに整え
義を守り
自分の行いを正しくする

  1. HOME
  2. 歴史・由緒

日本史上
屈指の名君

尋常ならずすぐれたる徳のありて
可畏き物を迦微とは云なり

江戸時代の国学者・本居宣長は
『古事記伝』にて神さまを
このように説明しています
神道は、自然崇拝と祖先崇拝の
二つの信仰を柱とし
国家や郷土のために尽くした偉人や
子孫の行く末を見守る祖先の御霊も
神さまとして祀られました
当神社は、偉人を祀る神社の一つで
陸奥會津藩初代藩主・保科正之公を
お祀りしています
江戸幕府二代将軍・徳川家忠公のご落胤で
三代将軍・家光公と四代将軍・家綱公を
輔佐し幕閣に重きをなしました
延宝三年(一六七五年)創建
霊峰・会津磐梯山麓鎮座
境内には正之公の奥津城(お墓)があり
国指定史跡であるとともに
会津五社寺の筆頭にあげられています