1. HOME
  2. 歴史・由緒
  3. ご神徳/ご利益

ご神徳/ご利益

會津守護神
こどもと出世の神さま

會津守護神
こどもと出世の神さま

ご神徳

主祭神である保科正之公の事績から様々なご神徳がございます。
正之公が大切にされていた「敬内義外=敬(つつしみ)の心で精神をまっすぐに整え、義を守り自分の行いを正しくする」の心は、未来を担うこどもたちの健やかな人間形成に資するものであり、また、ご落胤という不遇な生い立ちから江戸幕府大政参与に引き立てられたその事績から当神社では、「こどもと出世の神さま」と紹介しています。

<ご神徳>
敬義の神
立志出世の神
健全成長の神
厄除けの神
導きの神
努力・哲学の神
率先垂範の神
政・社会福祉の神
好学尚武の神
土と水の神
産業振興の神

ご利益

<ご利益>
○保科正之公
會津守護/大義成就/心願成就/指導成就
立志出世/幸福成就/学業成就/武芸上達
五穀豊穣/産業発展/旅行安全/交通安全

○鎮座地
厄除け/方位除け

○双葉葵
縁結び/夫婦円満/家内安全

○贔屓・高野槇
健全成長/健康長寿/金運招福/商売繁盛

○鉛套弾
勝利/強運/難局打開