1. HOME
  2. お便り
  3. 疫病祓い「赤べこ」

疫病祓い「赤べこ」

護符「赤べこ-辛丑-」

新型コロナウイルス感染症流行の早期終息を願い「アマビエ」が注目されていますが、福島県・会津には「赤べこ」がいます。

赤べこの由来には「平安時代に蔓延した疫病を払った赤い牛の伝説」や「会津地方に天然痘がはやったときに赤べこの人形を持っていた子どもは病気にかからなかったという伝承」があり、赤べこを近くに置いておくと病気や災難から逃れられるなど言い伝えられ、今も愛されています。

新型コロナウイルス感染症流行の早期終息願って昨春に護符を奉製し公開しましたが、令和3年が丑年であることから辛丑版の護符を奉製しました。

個人利用に限りますが、ダウンロードして待ち受け画面や印刷するなどして身につけてください。みなさんの不安が少しでも和らぎますように。

○絵柄
[赤べこ]疫病祓い・魔除け・無病息災
「平安時代に蔓延した疫病を払った赤い牛の伝説」がある無病息災の会津の郷土玩具・縁起物。

○和柄
[波に千鳥]豊かさ・勝利・夫婦円満・家内安全
波間を飛び交う千鳥の文様です。千鳥は、「千取り」に通じることから豊かさ・勝利の象徴とされています。
また、青海波文様と組み合わさることで、「共に荒波(困難)を乗り越えていく」という夫婦円満・家内安全の意味を持ちます。

A6

iPhone 12 / 11 / X / XS

iPhone 8 / 7 / 6

720×1280

1080×1080

新しいお便り

お便り一覧